ヴィトンストールスーパーコピー
null
null と、震えを帯びた声で叫ぶ。 「本当ですか?」 「言われた通りにしろ」  鈴本は呻いた。|膝《ひざ》から震えが|這《は》いあがってくる。  ドアの外の足音は階段を荒々しく登っていった。ドアの外に残った男はいないらしい。  朝倉は、ピストルの安全弁を親指で安全の位置に押しさげた。撃鉄は自動的に安全位置まで倒れる。  その金属音を聞いて、鈴本は射たれた|猫《ねこ》のように跳びあがった。|喉《のど》の奥から悲鳴さえ漏らす。  朝倉は、その鈴本の|襟《えり》|首《くび》を左手で|掴《つか》んで、ソファの上に倒れている栗原の横に坐らせた。栗原はすでに呼吸をしていないようであった。 「あんたは人殺しだ。しかも、自分の忠実な部下を|殺《や》った。このことが世間に知れたら、あんたの破滅だ」  朝倉はゆっくりと鈴本に言った。 「|殺《や》る気はなかった! もののはずみだ。見逃してくれ!」  鈴本の震えは、|顎《あご》にまで這いあがっていた。 「裁判長があんたの言い分を認めると思わんね」  朝倉は|嘲《あざ》|笑《わら》った。 「わ、分かった。何でもあんたの言うことを聞く。許してくれ」 「俺がかけられそうになった拷問にあんたをかけてやったっていいんだ。面白そうだな。テープ・レコーダーは壊れたが、サーチ・ライトとステレオとイヤホーンは無事だ」 「頼む、許してくれ!」  鈴本は、今にも絶叫をあげそうであった。