收藏

louis vuitton 帽子編集

 かれは、自分の感情をおさえきれず、そば屋を出ると、あわただしく宿屋にもどった。そして、勘定をすませると、タクシーで駅に急いだ。上りの列車が発車寸前で、かれは急いで切符を買うと車内に走りこんだ。  久松には葉書でも出して詫びよう、と、かれは車窓を流れはじめた人家の連りをながめながらつぶやいた。 [#改ページ]    夫と妻のこと  私鉄の駅におりると、商店街は暗く、人通りも絶えていた。時刻は、一時を過ぎていた。  一日早く帰京したことは、妻の春子を喜ばせるにちがいない。春子は、子供と二人の生活を心細がっているはずだった。  アパートの階段を上った圭一は、自室のドアをノックした。春子は眠っているらしく、応答はない。  再びノックすると、春子の寝呆けたような声がした。 「どなた様ですか」  ドアの向う側で、春子の声がした。 「おれだ」  圭一が言うと、ドアがすぐにひらいた。 「あら、どうしたの。一日早く帰ってきたんですか」  春子が、いぶかしそうな眼をした。
表示ラベル: