ルイヴィトン メンズ ストール
null
悩殺 秒殺 セクシー コスプレ
__1,580 - 2,48000
悩殺 秒殺 セクシー コスプレ 
男 ギア
__1,200 - 3,48000
男 ギア 
AZEAL ペアリング (単品販売) part.3
__2,28000
AZEAL ペアリング (単品販売) part.3 
足踏み エアー フット スイッチ (エアー フット スイッチ 1/4インチ ホースニップル2種類 (タケノコ)付 足踏 スイッチ 切替え)
__2,18000
足踏み エアー フット スイッチ (エアー フット スイッチ 1/4インチ ホースニップル2種類 (タケノコ)付 足踏 スイッチ 切替え) 
【選べる5色】ネクタイ タイピン チーフ カフス 4点 セット  【Next】 ビジネス 結婚式 二次会 パーティー に
__1,77900
【選べる5色】ネクタイ タイピン チーフ カフス 4点 セット 【Next】 ビジネス 結婚式 二次会 パーティー に 
Canon Power Shot  S 100 S 110 S 120 対応 合成 皮革 製 ケース
__2,25000
Canon Power Shot S 100 S 110 S 120 対応 合成 皮革 製 ケース 
null それ以来、小太郎は、しばしば信吉のあの目を思い出すようになった。思い出そうとして思い出すのではなく、思わぬときに、ひとりでにひょっこり目に浮かんでくる。そのたびに、小太郎はどきりとした。夢にみて、うなされることもあった。夜ふけに、どこからかあの目にみつめられているような気がして、眠れなくなることもあった。  あの目が、いつのまにか自分のなかに|棲《す》み込んでいるのだと小太郎は思った。そうでなければ、あんな目がどうしてこんなに忘れられないのだろう。自分のなかに棲んでいる目が、ときどき光って、自分を否応なくあの事故の瞬間まで引き戻し、反省を強いているのだと、そう思われてならなかった。  小太郎は、自分を疑い出した。なんだか自信がなくなった。あの事故の責任は、ひょっとしたら自分ひとりにあるのではないかと、そんな気がしてきた。小太郎は、旦那を持つ身でありながら、売れるにまかせて奔放に男たちと情事を重ねてきた。あの日も、眠りこけている男をホテルのベッドに残して、ひとりで帰る途中だった。正直いって、気持も|躯《からだ》も荒れていた。寝不足で、視力が弱まり、反射神経も鈍っていたに違いない。つまり、あのとき自分は最も堕落した運転者だったのだと小太郎は思った。  それに、実はあの日、ブレーキの調子がすこしおかしかった。あけがた、男の|鼾《いびき》を聞いているのも詰らなくて、渚を飛ばしたりしたのがいけなかったのかもしれない。警察の車体検査でもみつからなかったのだから、ほんのちょっとした狂いだったかもしれないが、前網から菜穂里までくる途中、何度もすこしおかしいなと思ったことは事実なのだ。  自分も車も、もっとしっかりしていたら、あの子は死なずに済んだかもしれない。そう思うと、小太郎はいても立ってもいられなくなった。それを彼に打ち明けずにはいられなくなった。あの目にみつめられて、みえない鞭に打たれないでは気が済まなかった。  小太郎は、そんな自分の落度に気がつくたびに、こっそり信吉を訪ねていった。目の鞭がくると、小太郎はむしろほっとした。 「どうして今更そんなことをいいにきたんだい?」  最初、彼は不思議そうだった。何度目かに小太郎はいった。 「あなたのその目のせいです。」  彼は、ふんと鼻で|嗤《わら》って、舌うちした。 「俺は芝居をしている暇なんかない。」  もはや、小太郎は知っていた。自分が信吉という憎しみに満ちた男に強く|惹《ひ》かれているということを。愛情にしても、憎しみにしても、自分を取り巻く男たちからはまだいちどもむきになって挑まれたことがなかった小太郎は、殺したいほど激しく自分を憎んでいる彼に、我知らず強く惹かれていたのだ。     四  流産のあと、信吉の妻の躯は、思わしくなかった。信吉は夜が味気なくなった。家のなかの空気はからからに乾き、妻の肌はかさかさになって粉を噴いていた。