プラダ 財布 新作 青アフターサービス,レザークラフト二 つ折 り財 布型 紙_プラダ 財布 新作 青アフターサービス|プラダ 財布 新作 青効果が良い 大阪のホスト求人・店舗情報満載!「ホスマガ」


2015-02-08 04:29    プラダ 財布 新作 青
「そういうふうに、じゃんげんで決まったからでしょ」  恭介の隣で、秋篠《あきしの》香澄《かすみ》は淡々《たんたん》と答えた。  ミニスカートにタイツの彼女は、おどろおどろしい装飾を施された屋敷の中を、ものめずらしげに見回している。 「そうじゃなくて、なんであんたまで遊園地に来てるのかってこと」 「だって、草薙さんに誘《さそ》われたんだもの」  香澄は少しむっとしたようだった。  柔《やわ》らかな粟色《くりいろ》の前髪の下から、茶色がかった大きな瞳《ひとみ》が恭介を睨《にら》む。 「それに、忘れないでね。あたしは、あなたを監視《かんし》するためにこの街にいるのよ」 「忘れちゃいねえよ」  恭介《きようすけ》はそう言って、忌々《いまいま》しげに自分の左耳のピアスを弾《はじ》いた。  この小さな紅《あか》いピアスは、米軍《べいぐん》の偵察《ていさつ》衛星と連動した高性能の発信器になっている。世界中のどこにいても、恭介の居場所を数メートルの誤差で特定できるという代物《しろもの》だ。さらに、装着者の体細胞組織の変化を、モニタリングする機能まである。  それだけの技術と政治力を持つ組織が、恭介のような高校生を監視しているというのも奇妙《きみよう》な話だが、それは揺《ゆ》るぎようのない事実だった。恭介自身が体験した、あの血なまぐさい事件の記憶《きおく》が、何よりの証拠《しようこ》だ。  そして香澄《かすみ》は、もしものときに恭介を殺すためにここにいるのだと言う。 「だからって、他人のデートにまでついてくることないだろうに」 「これって、デートだったの?」  ぶつぶつと文句《もんく》を言う恭介に、不思議そうな表情を浮かべて香澄が訊《き》いた。  皮肉ではなく、本気で疑問に思っているという口振りだ。  恭介は、ぐっと言葉に詰《つ》まって、ぼそりと言い返す。