ネット上で買ってファッションファッション小物財布二つ折り 財布アウトレット信頼できるでしょうか|ファ ッシ ョン ファ ッシ ョン 小物 財布 二つ 折り 財布セール_ファッションファッション小物財布二つ折り 財布アウトレット規格品代購_ファッションファッション小物財布二つ折り 財布アウトレットの3点セット 大阪のホスト求人・店舗情報満載!「ホスマガ」


2015-02-07 08:01    ファッションファッション小物財布二つ折り 財布アウトレット
 客人や家令、あるいは他領からの伝令などがひっきりなしに出入りする母屋の屋敷とは別世界のような静けさが、ここにはある。ライス領の中心ともいえるべき公館と同じ敷地内にありながら、ここはまるで世間から忘れ去られたような場所だった。ケアルにはそれが、自分の立場とだぶって感じられた。  代々領主をつとめる一族の血をひきながら、ライス家の一員とは認めてもらえない自分。かといって、ライス家から離れることも許されない。島人たちには「領主さまの三男坊」と呼ばれ、上の住人たちには「島人の息子」と囁《ささや》かれ、どちらにも属することができない自分に。  しばらくぼんやりと水平線をながめていたケアルは、ひとつため息をつくと、飛行服の衿もとを寛《くつろ》げた。袖口の紐《ひも》をとき、前に並ぶ鎧《よろい》のような留め具をひとつひとつはずしていく。  最後の留め具をはずし終えたとき、扉をたたく音がした。どうぞと声をかけると、ゆっくり扉が開き、この離れには近づいたこともないだろう公館づきの家令がわざとらしいほど深々と頭をさげた。 「御領主さまがお呼びでございます」  その口調もまた、いささか過ぎるほど慇懃《いんぎん》なものだった。 「すぐにいらっしゃるように、とのことでございます」  わかりましたとケアルが応えると、家令はふたたび深々と頭をさげ、人待ち顔で扉のそばに佇《たたず》んだ。  なるほど、ついて来いということらしいと理解し、ケアルは飛行服の留め具をあわててとめ直し、さりげなく先に立った家令のあとについて部屋を出た。  前庭を横切り公館へ入ると、父の執務室から出てきた次兄、ミリオ・ライスと廊下の中ほどで出くわした。また何か嫌味《いやみ》を言われるかもしれないと身構えたケアルに、兄はただ、ぎらつく不穏《ふおん》な視線を向けただけで歩み去っていく。  不審な思いを抱えつつ、ケアルは家令に促されて執務室の扉をたたいた。  ロト・ライスは、五十歳をやっと越えたばかりの、五人の領主たちの中ではいちばんの若手である。最年少とはいえ、まれにみる切れ者と言われており、近い将来、領主たちからなる「五人会」を牛耳《ぎゅうじ》ることになるだろうと噂される人物だ。  家庭においては厳格《げんかく》な父親である彼の前に出るたび、ケアルはいつもひどく緊張《きんちょう》した。とはいえケアルが父親と対するのは、母が亡くなって以降、客人を招いての公式の席か、家族がそろってのたまの夕食時に限られている。そしてどちらの機会にも、ケアルの席は父とはいちばん離れた末席《まっせき》であった。 「デルマリナの船を見たそうだね?」  大きくひらいた窓を背に執務机の前に座ったロト・ライスは、入室してきた末の息子にそう問いかけた。 「——はい」