ネット上で買ってビトン 長財布 人気優先サイト_ヴィ トン 長財 布新作2012 どんな種類のビトン 長財布 人気いい ビトン 長財布 人気オファー 大阪のホスト求人・店舗情報満載!「ホスマガ」


2015-02-07 02:33    ビトン 長財布 人気
「もう帰りますが」を繰り返している。が、静子は中々帰って来なかった。女の一人歩きを恐れない平穏な田舎《いなか》の幸福がしみじみ思われた。 「実は、リツ子に食べさせる魚を……」といいかけたが、老婆は、「もう帰りますが」を又繰り返して、一切私の用件は静子を通じてでないと、聞かぬ、といった風だった。人の良い好意と信頼の顔をつくづく眺めながら、私は慈母に会うた様に心和《なご》むのである。それにしても遅かった。三十分はとうに廻っている。魚は明朝のだから急ぐ事はないが、寝ている太郎が気掛りだった。出がけに、小便をさせてやって来ているから、まだ二三時間は起る気遣いの無い事が解っていながら、やっぱり不安だった。茶を啜《すす》って「又出直します」と戸口に歩むと、老婆が草履《ぞうり》を握って、上り框の上であわてた。困惑して取るものも手につかない塩梅《あんばい》である。こんな人情のふるさとがあるのかと、私の方がむしろ困惑するのである。 「じゃ、ちょっとその辺りまで出迎えに行ってみましょう」  とようやく老婆を納得させて家を出た。霧の底にせせらぎの音が沈んでいる。丸い玉砂利をころがす風の透明のカチカチなり合う音だった。汀《みぎわ》と山ツキでは霧の模様は違っていた。凸凹《でこぼこ》のはげしさに霧どもがまぎれ散っている有様だ。 「あら、さんじゃ無いだすと?」  と思いがけず斜め後ろの路地の中から声がした。一人ではない。同じ年輩の女が二人くすりと笑った。不愉快ではない。何につけ笑う年頃の少女達だと納得したが、それにしても静子の並はずれた成人ぶりが、あらためて感じられる。人のよい老婆と二人、幼時から一切家計を見てきた習慣からだろう。それにしても霧の中でよく私がわかったものだ。 「夜更《よふけ》に、何だすと? 太郎ちゃんな?」 「ああ、寝ました。実はね、漁師を紹介してもらおうと思って来たのですが、リツ子の魚がほしいのです」 「やすかことだすたい。直ぐゆきます?」 「御迷惑じゃなかったら」 「そんなら、チカさん達。御免なさっせ」  と静子は馬鹿に簡単に友人達と別れをした。私に叩頭《こうとう》して二人の少女が霧の中へ消えてゆくのである。 「この間はどうも有難《ありがと》う」と私は先日の月谷行の礼を述べた。 「いいえ、私の方からだすたい。可也さんが喜びなさしてだすな。昨日も千鶴ちゃんがお礼云いに見えよりましたとだすが」 「千鶴子さんが?」 「家へ来て泣いてありましたが、この間で決心のつきなさした模様だす。そうそう、山芋のお土産《みやげ》ば、預っとりますが。式の時、先生、行ってやんなさす?」 「私? さあ、私はもうはずせませんでしょう。残念ですが」  静子は肯ずいた。気がついてみると静子の家の方へ足は向っている。霧が次第に濃くなってきたようだった。