オンライン買ってヴィトン パスケース ルイヴィトン マサイ|ヴィトン パスケース一番お得な,どんなブランドのヴィトン パスケースいい 大阪のホスト求人・店舗情報満載!「ホスマガ」


2015-02-07 02:05    ヴィトン パスケース
 呟《つぶや》くように葉子が言う。 「車に気をつけるんだよ」 「わかってるって……人のことより自分の心配をしてよね。クスリの時間、忘れないでね。もし胸が苦しくなった時はすぐに、わたしの携帯か119番に電話するのよ。ちょっとでもおかしいなって思ったら、迷わず電話するのよ」 「はいはい」 「それじゃ、先に寝ててね。行ってきます」  そう言って葉子はドアを閉めた。  トントントントンとアパートの鉄の階段をリズミカルに駆け降りる娘の足音を聞きながら、愛子は、あの子はどうしてあんなに強いんだろう、と思った。  愛子が心筋|梗塞《こうそく》で倒れてから、まもなく丸1年になる。愛子は自分が働けなくなったことでこれからの人生を悲観したが、葉子はそうではなかった。愛子が退院して自宅で療養するようになるとすぐ、葉子は家計のために英語の家庭教師のアルバイトを始めた。  平日の昼間は近くの工場でパートの工員として働き、帰宅して食事を済ませると今度は家庭教師として働く。休日には昼間も家庭教師の仕事をする。楽ではないはずだ。独身の娘だというのに、自分の買いたい物も買えないし、やりたいこともできないだろう。けれど、葉子が愚痴を言うのを愛子は1度も聞いたことがなかった。  居間のコタツに戻り、ポットの湯を急須《きゆうす》に注ぐ。それから、ふと思いついたかのように仏壇に並んだ2枚の写真をじっと見つめる。生まれつき病弱で小学校に上がる前に病死した長女と、長女の死の1年後に事故死した夫——。  写真の中の夫はちょうど今の葉子と同じくらいの年だった。キラキラした大きな目が葉子にそっくりだ。  ……いったい何が葉子をあれほど強くしたんだろう?  葉子は生まれた時からおとなしくて、手のかからない子供だった。姉の京子《きようこ》が病弱だったせいで、両親は京子につきっきりで、葉子をあまりかまってやれなかった。愛子が京子の世話にかかりきりになっている時、葉子はいつもベビーベッドでひとりで遊んでいた。愛子が京子を病院に連れて行く時など、何時間でもひとりきりで留守番をしていた。食事も着替えも入浴も、何もかもが後まわしだったが、葉子は1度もすねたりしなかった。  ……あの子はどうしてあんなに強いんだろう?  愛子はまたそう思い、前にも同じように感じたことがあるのを思い出した。  あれは今から6年前の冬のことだった。今から6年前、1月中旬のあの日、愛子は巨大なすり鉢形をした陸上競技場の観客席にいた。吹きすさぶみぞれ交じりの雨がビニールのカッパの隙間から吹き込み、寒さに歯がガチガチと音をたてた。オリンピックの代表選考会を兼ねた大会だというのに、悪天候のせいでスタンドの観客の姿は驚くほど少なかった。  あの日——テレビや競技場でレースを見ていたほとんどの人の予想を裏切って、愛子の次女は競技場に2番目に戻って来た。そして、愛子が座っているスタンドのまさに目の前で、十数m先を走る外国人ランナーに追いすがった。 「葉子っ、頑張れっ!」