ヴィトン長財布新作2013
null
クロコダイル 鞄 クラッチ バッグ メンズ レディース
__2,220 - 2,98000
クロコダイル 鞄 クラッチ バッグ メンズ レディース 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON 財布 LOUIS VUITTON M60305 エピ ジッピーウォレット ラウンドファスナー長財布 フューシャピンク[並行輸入品]
__118,51000
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON 財布 LOUIS VUITTON M60305 エピ ジッピーウォレット ラウンドファスナー長財布 フューシャピンク[並行輸入品] 
null「ふざけるな!」  村井の罵声《ばせい》が部屋を震わせた。すっと椅子から立ち上り、力まかせにルーガーの銃身を田島の耳の上に叩きつけた。サッと頭をダッキングしてその打撃をかわそうとした田島の右頬に、切り返してきたルーガーの銃身が音をたててめり込んだ。  田島は低く呻いて、口から血を吐き出した。銃の照星にえぐられた頬からも鮮血がしたたり落ちた。 「まだ大きな口が叩けるか?」  荒い声の中から村井が言った。日頃の上品さはどこかにけし飛んでしまっている。 「ああ、出来るよ。お前はドブ鼠だ。痛いところをつかれて荒れ狂うのは小物の証拠だ」  田島はグラグラする歯と血の間から嘲った。 「何おっ!——」村井はルーガーを振りかぶったが、しばらくそのままの姿勢を保ってから腕をおろした。 「ふん、好きなだけぬかしやがれ。今にしゃべりたくてもしゃべれなくなるさ」  と毒づき、ルーガーをテーブルの上においた右手の近くにひきよせた。左手でグラスを傾け、喉の奥にスコッチを流しこむ。 「まだ夜が明けるには時間がある。このまま殺したんでは楽しみがなくなるから、今から面白いことを聞かせてやる——」なみなみとグラスに注いだスコッチを舐めながら、村井がねちっこい口調で言った。片目鏡を左手でおさえている。その目は嗜虐《しぎやく》的な笑いに光っている。 「お前は美知子の仇《かたき》をとるつもりだったんだろう。ええ? そこがお前の間抜けな点だ。美知子はお前だけの可愛い女房だと思ってたのか? よくもそれだけ骨抜きにされたものだな。ヘッ、お前の可愛い可愛い女房は、お前の目をかすめて俺と寝てたんだぜ」舌なめずりして、一気にグラスの半分ほど喉に放りこんだ。 「嘘だ! 汚ない嘘はよせ!」  苦痛と疲労に凋《しぼ》んでいた田島の瞳が、凄まじい光を発しはじめた。食いしばった血まみれの顎はかたくなにせり出し、眉は烈しく迫り、顔の皮膚は硬くこわばってきた。心臓は早鐘を打ち、体中の痛みが焼けるような力でぶり返してきた。 「ええ、驚いたか? 嘘だと思うか? まさか、それまでとは知らなかったろうな? 間抜けな奴だ。美知子はお前のような小物と一生連れ添う気がなかったんだ。金の切れ目が何とかって言うじゃないか。お前の景気が悪い時、あの女が俺様と会ったのがお前の運のつきさ。美知子は俺に寝返ったよ。俺があの女と初めて関係を持ったのは三年前だったかな。俺は政たちに命じて、お前を海の上で袋叩きにさした。お前が怖気《おじけ》づいてこの市《まち》からズラかると思ったからだ。だけど、お前は強情だったな。あとで政がお前に半殺しの目に逢った時、俺はこう思ったんだ。あんなタフな奴の目をかすめて遊ぶのも、スリルがあって一層面白いだろうってな……」  熱に焼けたぎる田島の頭の中に、自分を釣りに出した時の、美知子の媚態《びたい》が生々しく甦《よみがえ》った。そうか、あの接吻の優しさは、自分を売り渡すユダの接吻だったのだ——。  猛烈な悪寒《おかん》と吐き気が襲い、乾ききった口の中に血と胃液が逆流し、脂汗が胸を伝わった。しかし、頭脳の一部は不思議なほど冷静だった。もう田島は村井の言うことをほとんど聞いていない。自分を束縛するあらゆるものを前において、壁を突き破る計画を練っている。