革二つ折り財布型紙どんな商標は良い_2015冬新作 プラダ スーパーコピー二つ折り長財布 新作 1m1132,革二つ折り財布型紙適合年齢|革二つ折り財布型紙どっちがいい 大阪のホスト求人・店舗情報満載!「ホスマガ」


2015-02-06 02:59    革二つ折り財布型紙
 93年四月一日(木) くもり  目異常は、きのう3/31よりすこしましだが、異常感と痛さは、朝、目がさめてすぐ感じる。腫《しゆ》瘍《よう》が、90年四月、93年二、三月にそれぞれ成長したことは確かであろう。私は、病者のこういう感じは、真実に近いものをついていると確信する。病者の感じは大きいのである。  ◎きのう、幸一さんからの手紙が「特別許可」として入る。死刑確定後、はじめての手紙。(3/29付)(消印も)外の人たちが病気のこともあって、「大変心配している」こともわかる。謄本を送ってくれた。私の元に幸一さんの手紙が届き、「法的に夫婦」であることが証明できたわけだが、今日、午後「この謄本はもういらない」といわれ、主任看守がほっぽってよこす。これで東拘が確認したことになるのかな? と思うが、まあいいやと思い、黙っていた。とすると、いつから面会、発信ができるのかと思われるが、このことはなにもいわない。  それにしても、目の異常さは、今年二月ごろから気付いていたが、それが30日、31日と異常の二次ぐらいにひどい。30日には左目に太い鉄棒がさされたようで、目をあけていられず、31日はそれが病んだ感じで、ちょっと動かすだけで、針がたくさんいっせいに刺す感が起こり、次いで右目に針が刺される感じになる。31日は死刑確定後の領置品の整理を中止し、終止、目を休めるために、目をとじていた。  すると、こういう状態を放っておく権力に怒りがわき、じっくり、しっかり戦ってやりたくなる。その思いばかりが大きくなって、自分で笑ってしまう。  それにしても、きのう、何とか医務的対処をと文書で求めたが、ウンともスンともいってこない! 全く!  それで催促すると「明日4/2の診察日に」という。人が苦しんでいる時、こういう放置をし、すぐ対処しないのだから「ここは監獄……」とうたうしかない。この日は一日中、眠っていた。    93年四月二日(金) はれ 診察日