二つ折り財布ブランド財布メンズスターの製品_二 つ折り 財布 レディース_どこで買って二つ折り財布ブランド財布メンズブランドランキング オンライン二つ折り財布ブランド財布メンズ専門はどうですか 大阪のホスト求人・店舗情報満載!「ホスマガ」


2015-02-06 02:46    二つ折り財布ブランド財布メンズ
 金で買った女を対手にしているのとは全く違ったしみじみとした情愛が感じられるので、ついほだされてしまうらしい。  ——妙なものだ、女と言うやつは、  例によって、もう何万遍くりかえしたか分らぬ言葉を胸の中で呟いてみる。  おさとが顔を少しかしげて、お銚子の酒を盃につぐ。その頬のあたりに何とも言いようのない哀切な翳《かげ》が漂う。それをみていると、つい引寄せて抱きしめたくなる。  ——おれはよっぽど好色漢なのだろうか、  とも思う。  だが、  ——そんな筈はない、  とも思う。  自分で心を決めて、三ケ月の間、全く女に手を触れなかったことがあった。その間、剣道一本に打ち込んでみた。  特に苦痛も感じなかったし、甚しい欲望に悩まされることもなかった。  ——その気になれば、女のからだなど必要はない、  と言う自信をもった。  にも拘らず、通常の状態である時は、女が欲しかった。男にはない何かが女にはあるのだ。そいつを絶えず求めている自分を否定できない。  からだの違いだけではない。何か男と全く違うもの、女の優しさ——と、一応は誰でも考えるのだろうが、必ずしもそうでもない。  現に鉄太郎がひと頃、ひどく惚れ込んでいたおきちと言う茶屋の女は、恐ろしく気持のはげしい、男勝りの女で、およそ優しさなどと言うものは全く感じられなかった。  性的にも極めて淡泊で、そんなことをむしろわずらわしいと思っているような処があった。それでも鉄太郎はおきちに強く惹かれた。おきちも鉄太郎に、乱暴な口を利きながら、惚れているようだった。  ——どんな女にでも惚れることができると言うのは、やっぱり、おれが稀代のすきものと言うことになるのかな。