お財布 ランキング役立つか,miu miu財布二つ折り お財布 ランキングランキング お財布 ランキングどうしてで 大阪のホスト求人・店舗情報満載!「ホスマガ」


2015-02-06 03:04    お財布 ランキング
「タアちゃん、このお母さんの顔ば忘れんとよ」  大行寺の和尚の読経は次第に声が低く長びいてそれから終った。チーンと鐘の音がひきずるように尾を曳《ひ》いて、今度はその響を掻《か》きのけるように、 「ほらタアちゃん。しっかりお母さんの顔ば見ときなさい。どんなお母さんが後から来ても、このお母さんのように太郎ちゃんを大事にする人はおらんとよ」  と、狂気のようなリツ子の母の泣声がたかまっていった。  下のおばさんの手作りのお膳が運ばれた。石蕗《つわ》の豆腐のあえものが見えていた。伯父がお相伴に坐っている。 「小《こま》か時からうちにはよう見えよったが、新仏はいくつであんなさしたかいな?」 「二十八でした」  とリツ子の母が泣きやんで和尚の方に一膝《ひざ》乗りだした。 「惜しいこつになあ——。良か娘さんじゃったが、どこに片付いてありましたかいな?」  和尚は盃《さかずき》を傾けながら血色のよい脂顔でざっくばらんに云った。 「こちらにですと」  と母は右手を私の方に差し出して、奪われたのがこの男にとでもいいたげな剣のある眼で私を見た。太郎がおびえて私の膝にかえって来ている。 「ほう。何の御商売ですかいな」 「小説書きですたい」  とさすがに母は云いにくそうであった。 「ほうお名前は?」 「です」と私が答えた。 「ダンの何といわれます?」