プラダラウンドファスナー
null
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】
__null00
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】 
(プラダ) PRADA 財布 サイフ ラウンドファスナー長財布 ブラック レザー 1m0506safmet-nero ブランド レディース 並行輸入品
__52,00000
(プラダ) PRADA 財布 サイフ ラウンドファスナー長財布 ブラック レザー 1m0506safmet-nero ブランド レディース 並行輸入品 
[ディープ] 牛革 カービング 型押し 長財布 ラウンドファスナー D-1003
__5,98000
[ディープ] 牛革 カービング 型押し 長財布 ラウンドファスナー D-1003 
(プラダ)PRADA 長財布  1M0506 UZF/QWA F0002/SAFFIANO METAL NERO ラウンドファスナー 型押しレザー ブラック[並行輸入品]
__52,00000
(プラダ)PRADA 長財布 1M0506 UZF/QWA F0002/SAFFIANO METAL NERO ラウンドファスナー 型押しレザー ブラック[並行輸入品] 
[DEEP ディープ] 牛革 カモ柄 迷彩 長財布 ラウンドファスナー D-1007
__5,98000
[DEEP ディープ] 牛革 カモ柄 迷彩 長財布 ラウンドファスナー D-1007 
PRADA プラダ ラウンドファスナー 長財布 NAPPA GAUFRE ブラック 1M0506 ZSJ F0002
__88,00000
PRADA プラダ ラウンドファスナー 長財布 NAPPA GAUFRE ブラック 1M0506 ZSJ F0002 
null「お会いになるそうです、自分がご案内しましょう」  言うなり、先に立ってエレベーターへ向かって歩きだした。残された警官たちは、悪い夢を見ているような顔を見交わした。  榊原本部長は来客中だったが、浅見の顔を見ると客を放って、嬉しそうに手を差しのべた。四十七歳、引き緊まった体型で、制服姿がよく似合いそうだ。 「やっぱり光彦君か、兄さんの方なら、こういう訪問の仕方はせんと思ったよ、ははは」 「すみません、不躾《ぶしつけ》で」 「いや、不躾はお互い様さ。どうだ、優等生の兄貴は相変わらず奥方の尻に敷かれておるのかね」 「ええ、ときどきはカツを入れに来ていただかないと、息苦しくてやりきれません」 「ははは、そうだろうな。ところで、今日はなんだい」 「じつは緊急にお願いしたいことが……、しかしご来客中ですね」 「うん、なんだ、難しい話か」 「ええ、少し長くなります」 「そうか、それじゃな、隣の応接で少し待っとってくれ。そのくらいの時間はあるんだろう」 「ええ、待たせていただきます」  十分ほど待つあいだ、制服の婦警がコーヒーを運んできてくれた。  榊原は「帰った帰った」と子供のようにはしゃぎながら、現われた。 「どうしたんだい、突然」 「じつは、一昨日から三次に来ております」 「三次?……、三次に何かあるのかな」