ヴィトン長財布ラウンドファスナー
null
英国紳士調 デザイナーズウォレット 高級感 人気 オシャレ ランキング ブランド ラウンドファスナー PU レザー 長財布 キーケース セット メンズ レディース 兼用 ランキング カジュアル ファッション プレゼント
__2,48000
英国紳士調 デザイナーズウォレット 高級感 人気 オシャレ ランキング ブランド ラウンドファスナー PU レザー 長財布 キーケース セット メンズ レディース 兼用 ランキング カジュアル ファッション プレゼント 
[DEEP ディープ] 牛革 カモ柄 迷彩 長財布 ラウンドファスナー D-1007
__5,98000
[DEEP ディープ] 牛革 カモ柄 迷彩 長財布 ラウンドファスナー D-1007 
[ディープ] 牛革 カービング 型押し 長財布 ラウンドファスナー D-1003
__5,98000
[ディープ] 牛革 カービング 型押し 長財布 ラウンドファスナー D-1003 
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ
__1,491 - 1,58400
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ 
カラフル イントレチャート メッシュ ラウンドファスナー 長財布 メンズ レディース  6色 カラー選択
__1,654 - 2,48000
カラフル イントレチャート メッシュ ラウンドファスナー 長財布 メンズ レディース 6色 カラー選択 
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) 長財布 ラウンドファスナー モノグラム ジッピーウォレット M60017
__null00
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) 長財布 ラウンドファスナー モノグラム ジッピーウォレット M60017 
null ……なんなんだ、こいつら。  本間和輝には、比室アリスの病状については語れても、この研究員らのはしゃぎぶりには言葉もなかった。重度の発達障害に襲われて表情もない比室アリスに、どうして連中がこれほど熱狂するのか、さっぱりわからなかった。この少女、確かに見かけは美しいけれど、そこまでするほど魅力的とは思えない。  そもそもこの連中、どうして比室アリスを研究材料に選んだのだろう? 医局の頂点とも言える東晃大学医学部、その神経生理学科「比室研究室」チームは、一九九四年の春からこの少女の追跡調査をはじめている。そのへんのスケジュールに関しては、隣の資料庫ですでに確認した——ちなみに比室研究室のあったのは、一九九五年に最初のパニックを発生させた医学部第二研究棟、通称瞭命館だった——。確かに、これほど重篤な発達障害のケースは稀《まれ》だろうし、神経生理学の観点から調査するのも面白いだろうが、その程度のテーマなら余所《よそ》の大学でもやっている。東晃大学の医学部が乗り出すほどのテーマとも思えない。それにこの研究員たちは、比室アリスのことを研究材料として重宝しているというより、娘として溺愛《できあい》している。実際、チームリーダーの比室叡久教授は、障害者施設に入っていたこの少女のことを、研究材料として採用すると同時に養子に迎えているくらいだ——このへんの事情に関しても、隣の資料庫で確認した——。  こいつらいったい何に取り憑《つ》かれているんだ、と呆《あき》れて肩をすくめた本間だったけれど、直後にその肩は、ぎくり、とそら恐ろしげに跳ね上がった。  ビデオ映像に、とんでもないものが表れた。  その出現に、映像の中の研究員らがわっと[#「わっと」に傍点]沸いた。ただでさえ熱狂的だったものが、もう止《と》め処《ど》もなくなって、蜂の巣をつついたみたいに右や左へ騒ぎ立てた。本間の腹の底でも、何かがどっと[#「どっと」に傍点]騒ぎ立てて、それが一気に胸倉へこみ上げてきた。本間は十四型のテレビにかじりついた。そのまま彼の心は、七年前の誕生パーティへともぐり込み、周囲の研究員らと一緒になって、比室アリスの魅力に食い入った。  比室アリスが、笑っていた。  対策本部に戻った途端、権藤の乗ったセダンに文科省幹部の送り込んだ使いの連中が乗り込んできた。そのまま車内で、「会見対策会議」がはじまった。  何を公表すべきか、何を公表すべきでないか、喧々諤々《けんけんがくがく》が展開される。使いの連中は、それぞれの携帯の向こうにそれぞれの上司を呼び出しては、ああだこうだと都合を尋ねる。セダンの周囲には消防の連中が忙《せわ》しなく行き交っている。そのうちの一人が車内に権藤を見つけて、運転席の扉をノックする。権藤は権藤で、喧喧諤諤を聞いておかないと後でとてつもない目玉を食らう。ノックは無視。喧喧諤諤に首を突っ込む。右と左で別のことを言っている。権藤が口を挟むと、黙っていろと追い返される。また扉がノックされる。使いの一人の提案に、権藤が食ってかかる。が、やっぱり連中は連中だけで話を進めていて、権藤の意見など聞くつもりはないらしい。また扉がノックされる。  ええい畜生、権藤は車外へ飛び出した。何なんだ、と詰め寄ってみると、消防隊長だった。  神妙な顔つきで、気になることがあるんです、などと言い出した。  消防はすでに被災地周縁部の救助活動をはじめた。その現場の救急隊員らから、気になる情報が上がってきている。さらに同じ類《たぐい》の話が、一一九番通報を受け取った消防本部からも入ってきた。  で? と権藤が要点を急《せ》かす。  消防隊長は、不思議そうに首を傾げながら、要点を告げた。「子供なんです[#「子供なんです」に傍点]」  サヴァン能力。一握りの知的障害者のみに宿る神秘的な能力。