買ってルイヴィトン長財布新作2013の最高のウェブサイトを推薦,プラダスタッズ財布_ルイヴィトン長財布新作2013の製品はどう ルイヴィトン長財布新作2013役立つか 大阪のホスト求人・店舗情報満載!「ホスマガ」


2015-01-28 02:36    ルイヴィトン長財布新作2013
 一人がまた一歩、前に出た。もう一人が低い姿勢で突っ込んできた。刺す気はなかったのか、男は小さく脅《おど》すように、ドスを横に払っただけだった。堂本はよけた。よけながら、わざと肘《ひじ》でサイドテーブルの戸のガラスを割った。中に酒のびんが並んでいた。  堂本はうしろにやった手で、酒のびんを逆手《さかて》につかんだ。つかむなりそれを投げた。びんが男の一人のこめかみを直撃して砕けた。血がしたたった。こぼれ出た酒が、男の眼に入ったのか、男はあとじさって、手で眼をこすりはじめた。  堂本は、さらに酒びんをつかみ出した。今度は投げなかった。投げるふりをした。相手は冷静だった。誘いに乗らなかった。低く身がまえた男の、ドスを持った手が、低い位置のまま、小さく鋭く振られた。にぶい光が宙にきらめいた。飛んできたドスが、堂本の太腿《ふともも》の付根に深々と刺さった。  堂本は、片脚が一瞬にぶくしびれるのを覚えた。体がはげしく揺れた。そのまま堂本は、ガラスの破片の散る床に倒れた。片手の酒びんは離さなかった。空いた片手で、太腿のドスを抜こうとした。  男がその手を蹴った。男の手が、堂本の腿に刺さったドスを引抜いた。同時に堂本が、男の頭を酒びんで殴りつけた。男の頭から血が飛んだ。男はしかし怯《ひる》みを見せなかった。  ドスが堂本の喉に突きつけられた。男の片手が、堂本の髪をつかんでいた。 「立て!」  男は低い声で言った。頭から幾本もの条《すじ》となって流れ落ちる血が、男の顔を彩《いろど》っていた。堂本は立てなかった。男の土足のままの足が、堂本の腹にめりこんだ。肋骨《ろつこつ》がきしんだ。堂本はうめいた。床に手を突いた。手に酒びんの口が触れた。  酒びんは半分から先が砕けていた。堂本はそれをつかんだ。 「気をつけろ!」  もう一人の男が横から叫んだ。叫びながら男は、酒びんを持った堂本の腕をドスで払った。一瞬早く、割れた酒びんのささくれ立った部分が、堂本の髪をつかんでいる男の顔面に突き立てられた。  ドスが堂本の喉を横に抉《えぐ》っていた。血が泡立ちながら、喉から音を立てて湧き出た。もう一人の男のドスが、堂本の脇腹を刺していた。  堂本は眼をむいた。そのまま彼は上体を前に倒した。床にころがった。ガラスの破片が、堂本の頬を裂いた。  堂本は床に這った。背中にドスが突き立てられた。堂本の口から、息の洩れるような頼りない音がきこえた。堂本は動かなかった。眼をみひらいていた。  その眼に、寄ってくる男の足が映った。堂本は死力をふりしぼった。男の足に両腕を絡《から》めた。そのまま堂本は背中からはね起きた。男は足をすくわれてうしろに転倒した。ドスが男の手から放れて飛んだ。  堂本はドスに飛びついた。信じられない勢いだった。ドスを抱えこむようにしてつかんだ。同時にもう一人の男が、うしろから堂本に飛びついた。ドスが堂本の首の付根に深々と打込まれた。  堂本は体をひねった。逆手に持ったドスが、男の脇腹を抉った。男は堂本の背中の上に倒れ込んできた。二人はころがった。堂本は這ったまま、男の首にドスを突き立てた。血が音を立てて、勢いよくしぶいた。それが堂本の顔に当って散った。男は頸動脈を断ち切られていた。仰向《あおむ》けにころがった。眼がうつろになっていた。堂本は両手で逆手に持ったドスを、狙い定めて男の心臓に打込んだ。  男の手からドスが放れた。堂本はそれを手に取った。ドスは二本とも、柄《え》まで血で染まっていた。