ヴィトン長財布新作
null
[ルイヴィトン]LOUIS VUITTON ダミエ ジッピー・ウオレット アズール ラウンドファスナー長財布 N60019 [並行輸入品]
__108,00000
[ルイヴィトン]LOUIS VUITTON ダミエ ジッピー・ウオレット アズール ラウンドファスナー長財布 N60019 [並行輸入品] 
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) 長財布 ダミエ・グラフィット N62665 [ウェア&シューズ] [ウェア&シューズ]
__79,80000
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) 長財布 ダミエ・グラフィット N62665 [ウェア&シューズ] [ウェア&シューズ] 
[ラブリーハート]lovely heart LHB_803DA[2color] 本革 ファスナー 長財布 ハート レディース財布 wallet
__7,70000
[ラブリーハート]lovely heart LHB_803DA[2color] 本革 ファスナー 長財布 ハート レディース財布 wallet 
ERPC メンズ 長財布 本革キーケース PENGINロゴ入りマイクロファイバー3点セット
__2,38000
ERPC メンズ 長財布 本革キーケース PENGINロゴ入りマイクロファイバー3点セット 
[ルイヴィトン]LOUIS VUITTON ダミエ グラフィット ジッピーウオレット・ヴェルティカル N63095 [並行輸入品]
__108,00000
[ルイヴィトン]LOUIS VUITTON ダミエ グラフィット ジッピーウオレット・ヴェルティカル N63095 [並行輸入品] 
Louis Vuitton ルイヴィトン 長財布 二つ折り タイガ ポルトフォイユ・ブラザ アルドワーズ M32572 【並行輸入品】
__94,60800
Louis Vuitton ルイヴィトン 長財布 二つ折り タイガ ポルトフォイユ・ブラザ アルドワーズ M32572 【並行輸入品】 
null それだけに、相模製薬の件に関して島村が示した慎重論は、筋が通っているようないないような、はっきり納得できない部分があるのだった。  九分どおり固まりましたという情況が、どたん場へ来て呆気《あつけ》なく逆転するのを、佐伯は東エージェンシーへ来てからもよく見ている。営業のそういう判断が、今の佐伯の場合より、もっとずっと甘いものであったことも、数えあげればきりがないほどある。  現場担当が島村ならとにかく、佐伯のような若手なら、そういう報告が入っても、最終的な判断は長谷川駿太郎自身の責任で行なわれなければならない。それを材料に軽挙しようが慎重になろうが、すべて社長の責任ということになる。  だとしたら島村は、佐伯の報告をそのままぶっつけて、俺はこう思うが社長はどうする、とそれでいいはずではないか。前の会社から島村とつき合って来た佐伯には、その態度が一匹狼的ないつもの島村とは違うように思えるのだった。  しかし、禄《ろく》をはんだ以上、すべてその会社の利益本位という立場に立てば、社長の軽挙をおそれて今しばらく様子を見ようというのも筋の通ったことではある。  だが、それではまるで忠義一途の家老めいていて、島村の態度としては似つかわしくないようだ。たとえば麻雀《マージヤン》にしても、島村の打ち方はつねに積極的で、ツキがまわればかさにかかり、落ち目の時はなんとかしてツキを呼び込もうと、思いがけない邪道を打ってまで暴れまくる。だから勝つ時同様、敗ける時も大きく敗ける。しかし、運のない時にあえてジタバタするだけに、勝つことの方が圧倒的に多く、卓を囲むとうんざりするほどしぶとい相手だった。  その島村がなぜ今度の場合、穏やかな態度に出ているのか、佐伯にはよく判らないことだった。佐伯が彼の能力にしては手に余る相模製薬のような大物にアタックしているのと同じように、だいぶ以前から島村も超一流の自動車メーカーに食いこもうと、彼らしい強引さで動きまわっているのだ。  もし佐伯の相模製薬と島村の大手自動車メーカーが手に入ることになれば、移籍して来た島村一派が東エージェンシーの主流になって、長谷川社長はかすんでしまうかもしれない。ひょっとすると、そんな事態を目前にして、島村はじっと爪《つめ》をといでいるつもりなのかもしれなかった。  どちらにせよ、しばらく相模製薬のことで社内の動きから遠ざかっていたが、来週からもう少しそちらのほうにも気をつかって行く必要がありそうだと、佐伯は枕の上に顎をのせ、指にはさんだ煙草のけむりをみつめながら考えていた。  だが、月曜日そうそう、相模製薬が大きく動きはじめたようだった。  月曜の十時半ごろ、佐伯に橋詰《はしづめ》と名乗る男から電話が入った。 「失礼ですがどちら様でしたでしょうか」  そう訊ねると、相手は落着いた声で相模製薬の秘書課の者だと名乗った。  ——お忙しいでしょうが、ご都合がよろしかったら、今日の昼にでもお目に掛りたいのですが—— 「はあ……」  秘書課というのが意外で、佐伯は一瞬戸惑ったが、すぐに、来たな、と思った。  ——お会い願えますか—— 「はい。で、何時にどこへうかがったらよろしいでしょう」