收藏

ヴィトン長財布ランキング編集

英国紳士調 デザイナーズウォレット 高級感 人気 オシャレ ランキング ブランド ラウンドファスナー PU レザー 長財布 キーケース セット メンズ レディース 兼用 ランキング カジュアル ファッション プレゼント
__2,48000
英国紳士調 デザイナーズウォレット 高級感 人気 オシャレ ランキング ブランド ラウンドファスナー PU レザー 長財布 キーケース セット メンズ レディース 兼用 ランキング カジュアル ファッション プレゼント 
ERPC 欧州風ストライプ長財布 人気 オシャレ ランキング ブランド PVC レザー 高級感 ラウンドファスナー ウォレット Nexusキーケース セット メンズ レディース 兼用 カジュアル ファッション プレゼント...
__2,98000
ERPC 欧州風ストライプ長財布 人気 オシャレ ランキング ブランド PVC レザー 高級感 ラウンドファスナー ウォレット Nexusキーケース セット メンズ レディース 兼用 カジュアル ファッション プレゼント... 
ERPC メンズ 長財布 本革キーケース PENGINロゴ入りマイクロファイバー3点セット
__2,38000
ERPC メンズ 長財布 本革キーケース PENGINロゴ入りマイクロファイバー3点セット 
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ
__1,491 - 1,58400
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ 
[ラブリーハート]lovely heart LHB_803DA[2color] 本革 ファスナー 長財布 ハート レディース財布 wallet
__7,70000
[ラブリーハート]lovely heart LHB_803DA[2color] 本革 ファスナー 長財布 ハート レディース財布 wallet 
★ERPC★ ラウンドファスナーストライプ長財布 ☆男女兼用★特製キーホルダー付☆
__2,38000
★ERPC★ ラウンドファスナーストライプ長財布 ☆男女兼用★特製キーホルダー付☆ 
 翌日、気管支鏡の検査があった。  がんセンターで開発されたファイバースコープは、よその病院にくらべるとうんと楽だという評判だったが、それは比較の問題であって、肺に鏡を入れられている間、苦しくないといえば痩《や》せがまんだ。その上、鉗子《かんし》で肺の癌細胞をつかみ出されて、咳《せき》をすると血だらけだ。検査が終って、車椅子で運ばれ、新しい病室のドアを開けた。外科病棟、つまり三病棟二〇六号室が、これから暮す部屋だった。部屋に入ると、顔が三つ、いっせいに私を見た。新しい戦友たちだった。Kさんは浅草のハンコ屋さんで七十歳に近い。Sさんは川向うの鉄工所の職長で六十三歳。Aさんはアルプスの麓《ふもと》の都市で、従業員を十人ほど使っている不動産業だった。  主治医のO先生は「どうです、いい部屋でしょう。みんないい人たちですよ」と私の様子を見に来られた。入れ替りに、今までの主治医だったS先生が「移りましたね。がんばってください」と言ってこられた。私は有難くて胸がつまり、急に咳きこむと、痰《たん》は血にまみれていた。  私はこの部屋を、とても好きになれそうだった。奥に長い四人部屋で、窓からの眺めに「風景」があった。まず見おろすと、汚い中庭だった。給水管がむき出しで、コンクリートの庭はところどころ剥《は》がれている。だが、木があった。黒い二本の幹は八重桜で、窓から身をのり出すとプラタナスが見えた。目の下あたりに沈丁花《じんちようげ》。木々はまだ芽吹いてはいなかったが、生きものの懐しみを与えてくれた。そして、枝に葉が一枚もなくて有難い。もし一葉でも残っていたら、O・ヘンリーの短編のように、私はまた暗示を求めていただろう。  この窓は、正真正銘の生きものを見せてくれた。にんげんたち、だった。正面の建物は病棟で、白い外壁はうす汚れていた。こういう雨ざらしの白さをどこかで見たことがある。佐伯祐三だったか、それともユトリロのキャンバスだったか。病棟の窓々に、人間がいた。死にかかっていても人間だ。癌に棲《す》みつかれていても人間だ。私は向うの窓に向ってオーイと叫びたくなった。それからまだ嬉しいことがあった。まえの病室とちがって、この部屋には一日のうちの何時間か、太陽が射しこんだ。これでもう、私は見舞いにもらった小さな鉢植の福寿草を枯らしはしないかと、心配せずにすむ。せっかく芽を出したこの花を、開かせてやらないままに死なせると、癌に負けそうな気がしてならなかった。私は夕食が終ると、久しぶりに幸せな思いでベッドにもぐりこんだ。  と、鳴き声が聞えてきた。猫だ。猫が魚市場から帰ってきた。この中庭は、猫たちが朝夕通る道だった。    砂袋の重み  またしても、癌、だが、どうしてこうこだわるのだろう。もう訊《き》くまいと思いながら、私はO先生に「癌ですか」と訊いた。先生は、次に予定されているBAIの結果でわかると言い「安心して下さい、ぼくはごまかしても顔に出るから正直に言いますよ」と笑った。私は〈いよいよだな〉と思った。  BAIとは「栄養血管に病巣ができると血流が増えるのを利用して、栄養動脈から薬剤を注入し、患部に集中的に薬を分布させる」治療法だそうだ。私は裸になって手術着を着せられ、ストレッチャーに横たわって、地下室まで運ばれた。それから目隠しをされる。太腿《ふともも》の上、右脇腹の動脈を切り、切り口から血管にパイプを通すのだが、そいつはゴニョ、ゴニョ、という感触で腰から腹、腹から胸へと体の中を這《は》い上って来た。やがていくつかの検査ののちに、薬が注ぎこまれはじめた。看護婦が、三十秒単位で注入時間を読みあげる。私は目隠しをされている不自由さから、いつとはなしに〈どうしてこんな情ないことになったのだろう〉と今までのいきさつをふりかえっていた。動脈の切り口を、パイプがはずれないようにか、あるいは血の噴出を押えるためか、誰かの指が痛いほど押えつけている。で「神様、私の癌を治してください」の大きな字を思いだした時だった。O先生の声がした。O先生は、 「——さん、これは効くと思いますよ。楽しみにしていいですよ」とおっしゃった。私にはその自信に満ちた声が、天からの声のように思えた。「ありがとうございます」と答えながら、もう、この検査と治療が終ったあとで「私は癌ですか」と訊くのをやめようと思った。すると、気持がとてもらくになった。憑《つ》きものが落ちたようだ。看護婦の声は九分三十秒で止まった。O先生の「もう二十五ミリやりましょう」と若いドクターに指示する声が聞えた。やがてまた、あの看護婦のよく通る声が「三十秒……一分です……一分三十秒です……」と始まった。私は〈秒読みのマドンナ〉と命名した。傷口の縫合が終り、目隠しがとれて拝んだ私の秒読みのマドンナは、なかなかの美人だった。  病室に運ばれると、切開した動脈の部分に、一キロの砂袋を三時間乗せて寝ていなければならなかった。夕方になって妻がやって来、「どうでしたか?」と訊くので、本当は麻酔が効いていて痛くはないのだが「すげえんだぞ、何しろ動脈の中をパイプが肺までニョゴニョゴ入ってくるのがわかるんだぞ」と答え、「見ろ、この砂袋」と、少し手柄顔をしてみせた。私は、徐々にトンネルの出口に近づいているようだ。    生きるだけ生きるさ
表示ラベル: